活動内容

活動の様子

石垣島イベント

2020年2月 UTFR×石垣島・小浜島・竹富島レポ

UTFR代表の神田直樹です。

2020年の2月14日から19日まで、UTFR×八重山プロジェクトの第2回イベントを行いました!2019年の9月に大盛況のまま第1回を終え、その興奮冷めやらぬうちに第2回のイベントを開催いたしました。今回は、石垣島のみならず、その近くの島である小浜島と竹富島の学校でもイベントを開催いたしました!

詳しくはこちら

2019年9月 石垣島×UTFRイベントレポ

お久しぶりです。note用の記事としては2度目の登場となる、通信制高校卒東大生の神田直樹です。

この度、非進学校出身東大生によるサークル「東京大学フロンティア・ランナーズ(UTFR)」は、日本最南端の市、石垣にて、様々なイベントを開催いたしました。今回の記事では、4泊5日におよんだこのイベントを、レポしたいと思います!

 

詳しくはこちら

文化祭物販

合格体験記vol.3

UTFR(東京大学フロンティアランナーズ)による『非進学校出身東大生による合格体験記』第三弾になります。今回は12名のメンバーが執筆しております。通信制高校出身の者や宅浪で東大に合格した者のほか、推薦入試で東大に合格した者の合格体験談を載せております。

 

電子書籍はこちら

合格体験記vol.2

今回は「偏差値40台高校から東大医学部」「高卒認定」「偏差値30の通信制高校から塾なしで東大」などの経歴を持つ全17名が参加し、2冊目の合格体験記を作りました。前回よりボリュームが増大し、読み応えのあるものとなっています。

 

電子書籍はこちら

合格体験記vol.1

UTFR(東京大学フロンティアランナーズ)は東大志望がほぼいない非進学校から孤独に東大受験をしてきた学生からなる団体です。 個性豊かなメンバーの中から、今回は9名が参加し、読みごたえある合格体験記を作りました。 内容については駒場祭にて販売したものと同じですが、オンラインでの販売を求める声を何件かいただいたことと、「孤独に東大を目指す高校生」のうち、駒場祭に来られない方にも本書を届けたいという想いからnoteでの公開に踏み切りました。

 

電子書籍はこちら

過去の掲載記事

『あまり第二外国語に時間を取られたくない』東大新入生に特化した言語選択ガイド

二外にそこまでコストを割きたくない、という新入生は、ただ意識低い人だけに限らないはずです。例えば他に研究したいことがあるとか、部活に全力を注ぎたいとか、進振りで絶対行きたい学科があるから他の科目の勉強も頑張りたいとか、いろんな人がいるはずです。そんな人のために、世界初の、第二外国語のコストを最小化するためだけの記事がこちらになります。

詳しくはこちら

2020年2月 UTFR×石垣島・小浜島・竹富島レポ

UTFR代表の神田直樹です。

2020年の2月14日から19日まで、UTFR×八重山プロジェクトの第2回イベントを行いました!2019年の9月に大盛況のまま第1回を終え、その興奮冷めやらぬうちに第2回のイベントを開催いたしました。今回は、石垣島のみならず、その近くの島である小浜島と竹富島の学校でもイベントを開催いたしました!

詳しくはこちら

2019年9月 石垣島×UTFRイベントレポ

お久しぶりです。note用の記事としては2度目の登場となる、通信制高校卒東大生の神田直樹です。

この度、非進学校出身東大生によるサークル「東京大学フロンティア・ランナーズ(UTFR)」は、日本最南端の市、石垣にて、様々なイベントを開催いたしました。今回の記事では、4泊5日におよんだこのイベントを、レポしたいと思います!

 

詳しくはこちら

独学東大生たちが苦心の末たどり着いた暗記の方法論とは?

東京大学文学部三年の布施川天馬(てんてん)と申します!
僕は共栄学園高校という学校の出身なのですが、高校の女子バレーをやってらっしゃる、もしくは観てらっしゃる方はご存知かもしれませんね。

さて!今日私が紹介するのはズバリ「暗記の方法」です!!

 

詳しくはこちら

非進学校からの東大受験応援マガジン〜問題集特集号〜

非進学校出身の東大生による団体UTFRのメンバーから13人が、自らの受験を振り返り、それぞれが「いつ」「どのような問題集をしていたのか」の紹介をしています。これから受験をしていくみなさんに、問題集選びの参考にしていただけたらと思います。

 

詳しくはこちら

東大非進学校の生徒が一人ぼっちで行った、オープンキャンパス体験記

どうも、UTFR代表のやすはるです。
今年も暑い夏が始まりましたね。夏といえば東大のオープンキャンパスがあるんですよね。今年は8/7と8/8です。

僕も高校生を案内する立場になってまた参加するのですが、かつて僕もいち高校生としてオープンキャンパスに参加しました(もう5年前。歳だなあ。)そのときに感じたこととか見ておいた方が良いポイントとかをお伝えできればと思うので….

詳しくはこちら

受験において勉強よりも大切なのは『情報』である ~非進学校出身東大生が考える「兵法」的戦略~

大学受験に合格した人は、合格した要因として様々なものを挙げる。
自分の努力、家族や学校のおかげ、環境、運など1人1人に受験のエピソードがある。残念ながらこれらのエピソードは、受験生にとって有益とは言えない。

なぜなら全員が合格しているからだ。受験生に最も必要なのは過去の人達の失敗体験だと思う。その失敗を教訓にすれば、きっと目標を達成できるだろう。そんなことを願って自身の経験を綴ってみる。

 

詳しくはこちら

通信制高校卒東大生が考える「スターバックスの成長戦略と東大受験戦略は大体同じ」

初めまして。UTFR会員のンダーカこと神田直樹(東京大学文科Ⅰ類2年)と申します。

私は世にも珍しい、通信制高校出身の東大生です。さて、そんな私が今回紹介したいことは何かといいますと、「入試は資本主義社会と同じで少数派が勝つ構造になっている」ということと、

それゆえに、「スターバックスコーヒーの戦略と、大学受験戦略は大体同じ」ということに…

 

詳しくはこちら